借入金を返済するための収入源があるかを調査

在籍確認は必須事項

消費者金融のカードローンに申し込むと、必ず「在籍確認」が行われます。在籍確認はその名の通り、申込者が間違いなく申込書に記載された勤務先に「籍」があるのかを確認するためのものです。在籍確認をする目的はただ一つ、申込者に借入金を返済するための資金の収入源があるのかを調査することです。

 

カードローンというのは担保も保証人もありません。従って、業者にとっては利用者が返済不能に陥ると貸出金を回収するすべが無くなります。つまり、業者にとっては利用者が継続的、且つ安定的に収入を得ることのできる勤務先のあることが貸出をする上での絶対条件となります。従って、申込書に記載した勤務先に対する在籍確認が取れなければ絶対に貸出をすることはありません。

 

在籍確認の方法

在籍確認は基本的に勤務先に直接電話をして申込者がいるのかを確認します。ただ、誰しも消費者金融から会社に電話が掛かってくることなど決して望みません。消費者金融に借金をしていることが社内に知れ渡ることの恥かしさに耐え切れないからです。

 

しかし、実際には社内に知られる可能性はほとんどありません。現在は貸金業法による厳しい規制があり、消費者金融は利用者以外の第三者(親や配偶者を含む)に対して、消費者金融の社名を名乗ったり、取引の内容を話したりすることが禁じられています。従って、勤務先に電話をする時は必ず、担当者の個人名で掛けます。例えば、『○○(担当者名)と申しますが、××(申込者)さんはいらっしゃいますか?』というように掛かってきます。なお、在籍確認はあくまでも「席」ではなく「籍」の確認なので、本人が出かけていても問題ありません。仮に、出かけている時は電話に出た人が『××は外出しています』と返事をすれば、在籍確認は取れたことになります。

 

書類での在籍確認

近年、個人情報保護法が施行されて以来、社員の個人情報を外部に話すことが制限されるようになっています。その一環からか、取引関係にない外部の人から社員の存在を尋ねられても一切回答を拒否する会社が増えています。

 

そこで、業者の中には電話による在籍確認ではなく、書類による在籍確認を認めるところが出てきています。その場合は勤務していることを証明するため、会社から渡される健康保険証や給与支払明細書のコピーの提出を義務付けています。健康保険証と給与支払明細書を照合すれば、在籍の確認が可能です。

 

まとめ

よく、カードローンのWEBサイトに「在籍確認は不要!」などという文言を見ることがありますが、闇金でもない限りあり得ません。カードローンの利用条件は「安定収入」であり、安定収入を証明するのが在籍確認です。電話であれ、書類であれ、在籍確認は必ず行われます。

 

ちなみに、銀行は貸金業者ではないため貸金業法の適用を受けません。従って、銀行カードローンでは電話で在籍確認をする時に担当者名ではなく、銀行名を名乗ってくることがあります。銀行であれば、取引を知られても借金とは思われず、抵抗感がありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日