個人事業主はいくつかの理由で審査が厳しい傾向にあるが、絶対に無理なわけではない

個人事業主の場合、キャッシングに申込んでも審査で落ちてしまったというケースを良く耳にします。実際、個人事業主は不利な傾向にあるようです。会社員や公務員などにくらべ、個人事業主の場合は消費者金融や銀行のキャッシングの審査が厳しくなります。

 

それでも絶対にキャッシングの借入が不可能というわけではなく、いくつかのポイントに注意すれば審査に通りやすくなるかもしれません。ここでは、個人事業主がキャッシングの審査に不利な理由をご説明します。そこから審査を通るためのポイントも見えてくると思います。

 

個人事業主は審査に不利?その理由とは

年収は決して低くないのにキャッシングの審査に落ちてしまうのはなぜなのか、そんな疑問を持っている個人事業主の方も少なくないと思います。

 

個人事業主がキャッシングに不利になる理由としては、だいたいは次の3つになります。

 

収入の額が低く見られてしまう

実際にはかなりの収入があるのに、審査においては低く見積もられてしまうケースがあります。これは経費による節税対策などと関連しています。

 

基本的に個人事業主は事業の際に使用したお金を経費にすることで節税を行っていると思います。一方、キャッシングの申込みをする際には収入証明書を提出しますが、個人事業主の場合は確定申告書を使う事が多いでしょう。ここでの収入は各種の経費や控除などを引かれた金額なため、その分低い収入であると見られてしまうのです。

 

安定性に欠けると見られてしまう

たとえ平均を上回る収入があったとしても、審査に落ちてしまうケースもあります。審査において個人事業主は収入の安定性に欠けると見られがちであり、またそうした側面があるのも事実です。

 

個人事業主といってもさまざまなケースがあるため一概には言えませんが、とりあえず基本的には「事故や病気などで突然働けなくなった場合、収入が絶える」リスクを抱えていると言えるでしょう。会社員のように有給を取ったり同僚に仕事を代わってもらうということもできず、事故や急病などの際には仕事ができなくなってしまいます。今はどんなに元気でたくさん稼いでいても、こうしたリスクは常にあるのです。

 

消費者金融や銀行のキャッシング審査においてもっとも重視されるのは収入の安定性です。個人事業主はどうしても「今の収入は高くても長期的な安定性はどうか?」と思われてしまう傾向にあります。

 

事業資金に使われるのではと警戒される

キャッシングの借入金は基本的にどんな用途にでも使えます。生活費の足しや大きな買い物、あるいはギャンブルであろうと、自由に使う事ができるのです。ですが例外もあり、大半のキャッシングにおいて借入金を事業資金に用いることは禁止されています。

 

事業資金のための融資は個人的な用途への貸付けとは別のリスクがあるので、個人と事業のお金は切り離したいところですし、キャッシングで補填するほど資金繰りが厳しいのではと思われるためです。事業資金用にビジネスローンのサービスを提供しているところもたくさんあります。事業に用いるならキャッシングでなく必ずこうしたビジネスローンを利用しましょう。

 

おわりに

以上、個人事業主がキャッシングの審査において不利である理由をご説明しました。こうした点に気をつけてキャッシングを申込めば、審査に通る可能性が高くなります。まとめると次のようになります。

 

  • 個人事業主は会社員や公務員などに比べキャッシング審査に不利
  • キャッシングの借入金は事業資金には使えないので、事業にはビジネスローンを利用する
  • 事業資金に使わない場合、消費者金融のキャッシングの方が若干審査が甘めの傾向にある
  • 確定申告書など収入証明書類を数年分提出する事で審査を通りやすくなるかもしれない

 

以上の点を踏まえてキャッシングに申込むことが大切です。キャッシング業者にしてみれば事業資金に使われることを警戒しているので、収入が安定している・事業は順調であるということをうまく伝えられれば審査に通りやすくなるかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日