派遣・契約社員などの非正規雇用でもキャッシングの審査に通るポイントを紹介

キャッシングを利用したいけれど、派遣社員や契約社員だから無理かもしれないと思ってらっしゃいませんか。実際には正社員でなければ無理ということはありません。非正規雇用で働いている人の数は増加を続けており、一般的になっています。
キャッシング業者側も非正規雇用だからとむやみに落としたりはせず、多くは問題なく審査を通過します。ですが、誰でもキャッシング審査に通るわけではありません。ここでは、派遣・契約社員がキャッシングの審査を通るためのポイントをご説明します。

 

収入アップを目指す

キャッシングの審査において重要視されるのは収入の安定性および金額です。派遣・契約社員はどうしても解雇される可能性が正社員より高いため、安定性にはやや欠けると見られてしまいます。ですが、収入の金額の方は増やす事も可能です。

 

派遣や契約社員という勤務形態の場合、アルバイトなどの副業がしやすいという面があります。副業を積極的に行って合計年収を増やせば、キャッシングの審査に通る可能性も高くなります。アルバイトで収入を大きく増やせば借入れ希望額がやや高めでも通るかもしれません。

 

とは言え、最近アルバイトを始めたという場合はここ1年での合計年収はまだ低いからと心配されるかもしれません。ですが、キャッシングの申込みの歳には、ここ数ヶ月の収入から見込み年収を計算して判断するので大丈夫です。申込みにおいて収入証明書の提出が必要な場合でも、直近2〜3か月分のものを求められることがほとんどです。

 

借入件数は少なくする

派遣や契約社員の話に限りませんが、申込みをするキャッシング会社の他にも別のキャッシングやクレジットカード会社からの借入がある場合、借入件数は少ない方が審査に通りやすいです。いわゆる「おまとめローン」を利用して借入をひとつにまとめることを検討してみましょう。

 

おまとめローンは金利が低めのことが多いので、借入をまとめると払う利息の総額が減ります。また、管理も分かりやすくなります。それだけでなく、おまとめローンが使えるという事は信用ができる利用者と見られ審査に有利に働くかもしれません。多数の借入があるならおまとめローンを利用するメリットは大きいでしょう。

 

また借入残高は少ないほど審査に有利です。もしも貯金があるなら、返済にあててしまった方が良いでしょう。手持ちの不用品をリサイクルショップやオークションで売却するなどして、返済をすませてしまうのもひとつの方法です。

 

クレジットカードを減らす

クレジットカードの枚数があまりに多いと審査を通りにくくなります。今はさまざまなサービス毎に独自の特典のあるクレジットカードが発行されているので、いつのまにかカードの数が増えてしまったという方も多いでしょう。クレジットカード枚数が多いと、それぞれ限度額まで利用したあと返済ができなくなるリスクがあります。

 

悪質な場合には、そうやって限度額まで買い物した後にわざと自己破産して返済を逃れるケースもあります。そのため枚数が多いとキャッシング業者には警戒されてしまうのです。必要最低限のカードにしぼり、他は解約することをおすすめします。メインとサブの2枚あれば充分でしょう。

 

おわりに

以上、派遣や契約社員でもキャッシングの審査に通りやすくなるためのポイントをご説明しました。とは言え、ここにあげたのは基本的なことであり、派遣や契約社員だからといって特別な事があるわけではありません。

 

裏を返せば非正規雇用であってもそれだけでキャッシングの審査が特別に厳しいというわけではないのです。キャッシングの審査で重視されるのは収入の安定性といった返済能力の有無、信用です。職業や雇用形態そのものを重視しているわけではありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日