利用履歴を残さないことは 利用した痕跡を残さないようにするのがポイント

家庭を持っている方は家族にキャッシングを申し込んでいることがバレずにできないかと思っている方もいるでしょう。結論から言えば、キャッシングの申し込みをバレないで行うことは可能ですが、利用履歴が家族にバレてしまうケースも存在します。ここでは、意外なところからキャッシングの利用がわかってしまった時のケースを書いていきます。

 

まずは通帳からバレるパターンです。家族の料金支払いを一括で行っている通帳があったりすると、たとえネットバンキングから振込を行ったとしても、その取引内容の履歴がわかってしまいます。最近のキャッシングはネットバンキングを使って借入や振込が行えるのでとても魅力的なのですが、その反面、全ての通帳の利用履歴が記載されてしまいますから、家族に見られたくないなら、ネットバンキング利用、振込、口座振替などはやめておくのが懸命です。

 

それでは、家族に利用履歴がバレないようにするためにはどうすればよいのでしょうか。正解は「ATMで返済」することです。ATMは主なキャッシング会社が提携していることが多いので、ATMを使えば明細書も出てきますので、返済残高や結果はその場で確認が取れます。ですから家族にわかることはありません。

 

次にバレやすいのは、カードそのものを見られるというケースです。使っていないカードを机に出しっぱなしにしているところを家族に見られたとか、単純なヒューマンミスのせいでバレてしまうというケースが意外に多いのです。あとは買い物の時に財布ごと家族に渡して中身を見られてカードの存在がわかってしまったというケースもあります。最近はキャッシュカードで買い物するとポイントが付くものが大半なので、ついついカードを入れた財布を家族に渡してしまい、その結果、バレてしまうということがあります。

 

ですから、カードは財布の中に入れておき、見られる場所に置かず、家族に財布を渡して見られることのないようにしましょう。買い物の支払いでカードを使う時があるならば、銀行のカードローンを利用しておきましょう。銀行カードローンならカード自体にローン機能を付けることもできるので、キャッシングの利用が家族にわかることはありません。

 

滞納による発覚だけは避けるべき

最も避けなければならないバレ方は「滞納による発覚」です。返済期日になっても口座に入金がない場合、カード会社はあなたの携帯やメールなどから入金確認の電話があります。この連絡が来てすぐに返済をした場合、それ以上の連絡はありませんが、それでも滞納していると、今度は自宅へ連絡が来てしまいます。さらには勤務先にも電話が行ってしまいます。しかしながら、普通のキャッシング会社なら個人名で電話がかかってくるため、それでもバレることはないでしょう。

 

ここまで連絡があっても滞納が続いていると、最終的に催告状や督促状が届いてしまいます。ですが、この書類も「○○センター」などの名前が記載されており、一見してキャッシング会社からの請求とはわからないようになっています。ただし、個人名で電話が何度もかかってきたり、郵便物が何度も自宅に届いてしまうなどのことがあれば、家族や周囲の人間から不信の目で見られてしまうことでしょう。返済期日を過ぎても返せる余裕が無いとか、お金の都合がつかない時はすぐにキャッシング会社に連絡を入れ、滞納による連絡が来ないようにしてください。

 

基本的に、そうした連絡を自分から入れると、利息のみの返済になったり、一部のみの返済だけでもできませんかといった解決策がキャッシング会社から提案されてきますし、事務的な対応がなされます。恫喝や威嚇といったことはありません。しかも自分からお金の都合がつかなくなりそうだという連絡を入れると、キャッシング会社のほうにも誠意を見せることになるので、最悪な結果にはなりません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日