キャッシングの利用はアルバイトやパートでも可能なの?

正社員で無ければキャッシングでお金を借入れするのは不可能、そう思っていませんか?アルバイトやパートではキャッシングの審査を通らないと考えてはいないでしょうか。

 

ですが、結論から言えばアルバイトやパートの方でもキャッシングの借入は可能です。どんな雇用形態の方でも急にお金が必要になることはありえるので、キャッシングが利用できるか心配というアルバイトの方も多いでしょう。場合にもよりますが、多くは借入可能です。

 

正規雇用では無いアルバイトやパートの方でもキャッシングの借入が可能なケースについて、以下に詳しくご説明します。

 

パート・アルバイトも歓迎のキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘヘ

 

収入が安定していれば借入れ可能

キャッシング会社側から見た優良顧客というのは、単に収入が多ければ良いというわけではありません。ちょくちょく利用してくれてその都度きちんと返済する人が良い利用客なのです。

 

そのため、収入に応じて無理なく借入れして確実に返済してくれるなら、正社員でなかったり収入が低めでも構わないというキャッシング会社が多いのです。なので、アルバイトやパートであっても収入が安定していれば充分に優良顧客たりえるわけです。そのためキャッシング会社の大半ではアルバイトやパートであっても安定した収入があれば借入できると説明しています。

 

利用限度額は低い傾向に

このようにアルバイトやパートであってもキャッシングの利用はできるわけですが、それでもやはり正規雇用の人にくらべて審査が少し厳しめになったり、利用限度額が低い傾向にあります。安定性という面ではやはり正社員の方が有利に見られます。日本ではまだまだ終身雇用制度が根強く、正社員も失業のリスクはあるとはいえ、基本的にアルバイトやパートにくらべれば簡単にはクビにはなりません。

 

また正社員で職を転々とする人もいないわけではありませんが、アルバイトやパートが比較的自由に辞めたりするのに対して、正社員は1箇所の勤続年数が長い傾向にあります。アルバイトやパートであってもキャッシングの審査の通過はできますが、どうしても安定性に欠けると見られてしまうので、利用限度額が低めになるのは仕方ありません。10万円程度だったという話も良く聞きます。

 

総量規制による制限

キャッシングの借入額は基本的に貸金業法による総量規制で制限されています。具体的には借入総額は年収の1/3までと定められています。なお、総量規制は借入の総額に対しての制限になります。つまり複数の業者から借りている場合は全部合計した額が対象になるのです。1社あたりの借入額ではないことに注意が必要です。

 

このため、例えば年収300万円なら1/3の100万円までしか借入れすることはできません。アルバイトやパートで年収が150万円とすると、借入れは50万円までとなります。収入の低いアルバイトやパートはそれだけ借入れできる額が少なくなります。

 

ただし、前述の通りアルバイトやパートは安定性に欠けると見られてしまうため、実際には総量規制の上限まで借入を希望しても通らない事が多いです。利用限度額10万円程度で発行されるケースが少なくありません。

 

勤続1年未満の場合、総量規制の計算はどうなる?

総量規制は年収の1/3ですが、これは前年度や前々年度の年収で計算されます。ですが、勤続が1年に満たない場合でキャッシングを利用したい場合どうなるのでしょうか。勤続1年未満のときには、1ヶ月〜3ヶ月分くらいの給与の平均から見込み年収を算出するやり方を取るところが多いです。

 

単純に1ヶ月の給与を12倍したり、3ヶ月の給与の平均をとり、その12倍とするなどです。例として、ここ3ヶ月の給与がそれぞれ11万円、16万円、12万円だとします。すると月収の平均は13万円、見込み年収は13万円×12=156万円で、総量規制による借入額上限はその1/3の52万円となります。

 

ですがアルバイトやパートの場合はここまでの借入額が認められるケースは少ないです。多くは利用限度額10万円程度になるので、収入証明書の提出も不要です。そのため、総量規制についてはさほど考えなくても良いでしょう。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外

なお、総量規制は貸金業法により定められていますが、これは貸金業者のみが対象となります。つまり銀行は貸金業法の対象外であり、銀行カードローンも総量規制の対象外になります。そのため、もし年収の1/3よりも多く借入れしたい時は、銀行カードローンを利用するという手があります。

 

例として楽天銀行スーパーローンはアルバイトやパートでも申込み可能と明言されており、限度額300万円までは収入証明書の提出がいりません。割と申込みやすいカードローンではないでしょうか。ただし一般的に銀行カードローンは消費者金融系のキャッシングにくらべて審査が厳しいと言われています。また、申込み当日の即日融資はできないところも多いので、注意が必要です。

 

おわりに

以上、アルバイトやパートでもキャッシングの利用が可能であることについてご説明しました。あらためてまとめると次のようになります。

 

  • 安定した収入があることが重要であり、年収は低くてもかまわない
  • アルバイトやパートでも収入が安定していればキャッシング可能
  • 利用限度額は10万円程度など低めの傾向
  • 総量規制を超えた額を借りるなら銀行カードローン

 

限度額が低めなのがネックですが、実際には高額の借り入れが必要なケースは少なく、数万円借りられれば大丈夫と言う場合が大半だと思われます。そういった場合に、収入に応じて無理なく返済できる範囲でキャッシングを活用してみましょう。

主婦、アルバイト、フリーターでもキャッシングの借入審査を通ることはできる?

緊急にお金が必要だけど手持ちが無いという事態になる可能性は誰にでもあります。それは職業には関係ありません。こんなときには、専業主婦、アルバイト、パート、フリーターなどの正規雇用以外の方でもキャッシングを利用できたらいいのにと思ってらっしゃいませんか。

 

正社員として働いていないとキャッシングの審査を通らないと思っているのなら、それは正しくありません。以前は確かにそういう傾向もありましたが、今は専業主婦、アルバイト、パート、フリーターでも申込むキャッシングによっては充分に審査に通る可能性があります。

 

以下、こういった正規雇用以外の方でも利用できるキャッシングはあるのかという質問にお答えしていきます。

 

専業主婦で自分の収入がまったく無いけれどキャッシングは利用できるの?

家事や育児に従事していて自分の収入はまったく無い専業主婦でもキャッシングは利用できるかというと、「配偶者貸付制度」というものを利用すれば可能です。配偶者貸付制度は、申込み者の配偶者に収入があればそちらを保証人として借入が可能となる制度です。これに対応しているキャッシングなら専業主婦でも利用できます。

 

基本的にキャッシングは保証人や担保は不要で本人の信用だけでお金を借りるシステムです。ですが専業主婦には収入が無いため、本人の信用では無く、配偶者が保証人となりその信用でお金を借りられるようになる制度なのです。配偶者貸付制度利用の際の注意点をまとめると次の通りです。

 

  • 配偶者の同意書が必要
  • 夫婦関係の証明書類が必要
  • 配偶者の収入証明書が必要
  • 配偶者にすでに借入があると通りにくい

 

本人の信用で借りる普通のキャッシングに比べて、審査は厳しい傾向にあります。また借入額も低めの設定になる事が多いため、ある程度まとまった金額が必要な場合には不向きです。次の給料日まで数万円程度借りるといった使い方が中心となるでしょう。

 

ただし、配偶者貸付制度を行っているキャッシング業者は少ないです。実際のところ、アルバイトやパートで自分の収入を得るようにしてその信用でキャッシングを利用する方が手っ取り早いかもしれません。

 

アルバイトやパート、フリーターでもキャッシングは利用できるの?

正規雇用でなくても収入があればキャッシングの利用は可能です。もちろんある程度は収入が安定してある必要があります。安定した収入と言っても、毎月決まった収入を得ているなら大丈夫です。金額はあまり多くなくても良いですが、月10万円程度はあった方が良いでしょう。ただ、先月は5万円だけど今月は20万円のようにムラが大きいと審査が厳しくなる可能性があります。

 

ちなみにキャッシングなどの借入は貸金業法により総量規制という制限が定められており、全ての借入を合わせて年収の1/3までしか借りられないことになっています。たとえば年収120万円であれば総量規制で40万円までの借入に制限されます。収入が少なければそれだけ借入れできる額は少なくなるのです。

 

また、安定性という面から職種も審査に少し関係してくるかもしれません。たとえば水商売は離職率が非常に高いため、不安定とみなされ厳しくなる可能性があります。スーパーやコンビニの店員などは基本的に問題ないでしょう。また、審査の際には勤続年数も判断材料となります。アルバイトやパートは正社員にくらべ、解雇される可能性も高いですし、また退職も気軽にできるのが利点でもあります。

 

そのため、あまりに勤続年数が短いと安定性に欠けるとみなされ審査に落ちやすくなる可能性があります。だいたい1年以上勤続していれば大丈夫と思われますが、勤務して半年以下など短い場合は審査が厳しくなると考えられます。

 

おわりに

以上、専業主婦やアルバイト・パートなどのフリーターでもキャッシングを利用できるケースについてご説明しました。このように、正社員でないとキャッシングの審査を通らないということはありません。キャッシング会社の側から見れば、雇用形態や収入の多さはそれほど決定的な要素では無く、大事なのは「たびたび利用してくれて毎回確実に返してくれる」ことです。

 

そういう利用客こそが優良顧客であり、フリーターであってもきちんと返せる範囲で借入れしていれば良い利用客というわけです。ただし、やはり利用限度額は正社員にくらべて低めに設定されます。また審査も多少は厳しくなるかもしれません。ですが前述の通り安定した収入があれば借入審査を受けられるので、とりあえず申込んでみるのがおすすめです。

 

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日